7年間、ありがとうございました。

2013/9/21by kyosuke
記事代表写真

三田の家は、2013年10月をもって閉家します。

2006年9月のオープンから7年。これまで、楽しくあたたかい時間の数々をご一緒してくださった多くのみなさん。本当にありがとうございました。

閉家の理由は、大家さんがお亡くなりになり、ご遺族が土地建物を売却することに決定したことによります。マスターの間では、ここまできたら10年くらいは続けてもよいのではという話しが出た矢先のことでしたので、若干さびしい気持ちも残りますが、当初はせいぜい維持できて3年間ではないかとまったく手探りの状態からの出発でしたから、まる7年間続けられたのは予想外のよろこびです。これも、ともに支えてくださったみなさんのお力があればこそと、あらためてマスター、スタッフ一同、感謝しております。

最終日は、2013年10月26日(土)の予定で、この日はマスター、スタッフが集まり、最後の三田の家の時間を過ごす予定です。それに向けて各曜日は、それぞれにその活動を閉じていきます。また、クロージングに向けての企画などもいくつか行われる予定です。残り時間はわずかですが、ぜひ最後にまたみなさまと三田の家でお会いできればと思っています。

なお、本サイトは、サーバーの引っ越しのため、家そのものの終了に先駆けて更新を終了いたします。クロージングに向けての情報は、Facebookの三田の家・クロージング企画特設サイトでお知らせいたします。
https://www.facebook.com/Ariga10Mitanoie

ありがとうございました。またどこかでお会いしましょう。

木曜日誌9/19

2013/9/19by kyosuke
記事代表写真

「三田の家フューチャリング東北食べる通信」。ストーリーを読むだけではなく、生産者と生産地の取材体験をうかがいながらいただく食材は格別でした。そして木曜日は、あと5週!

木曜日記9/12

2013/9/13by kyosuke
記事代表写真

シアトルに行っていためぐに、その体験をきく。

9/19(木)三田の家フューチャリング東北食べる通信

記事代表写真

来週の木曜日は、東北系・美味しい系の晩ごはん企画です。購読するとそこで紹介されている食材も一緒に届くという画期的な雑誌「東北食べる通信」とのコラボ。

三田の家フューチャリング東北食べる通信

史上初の食べる情報誌「東北食べる通信」は今年の夏、生まれました。
地域の生産者と、受益者を繋ぎます。
大事にしているメッセージは家で「つくる」。
三田の家のコンセプトに共鳴した食べる通信会員の片口とメンバーの玉上が、食べ通で関わりのある食材を用い、協創します。

→東北食べる通信

日時:9月19日(木)19時半ごろより
 ※18時ごろから調理をはじめます。

マスター:片口美保子(東北食べる通信会員)
     玉上(東北食べる通信メンバー)

金額:1500円くらい

食材:食べ通で関係する生産者さんの食材を用います。

木曜日記9/5

2013/9/6by kyosuke
記事代表写真

黒岩先生が来てくださったので、女子大生率の高い日。男子二人が、なぜかアカペラで唄う。

木曜日記8/22

2013/8/24by kyosuke
記事代表写真

夏休みということで、学生は少ない。沖縄っぽい料理たち。いろいろな経緯で訪れた大人達が話し込む。まだ暑い!

木曜日記8/1

2013/8/2by kyosuke
記事代表写真

つけ麺。久しぶりにお会いする顔あり、9月のイベントの相談をしたり。

木曜日記7/11

2013/7/12by kyosuke
記事代表写真

春学期の授業の最終日。ハンバーグ、タイカレー、明太子。猛暑。おそらく、1年で一番暑い数日の一日。

木曜日記7/4

2013/7/6by kyosuke
記事代表写真

5月に徳島で収録した阿波スペシャル「アートで病院を変えたい」のDVDをみんなで観たり、「最近の幸せ」について語ったり。こじんまりと暖かい晩でした。

木曜日記6/27

2013/6/28by kyosuke
記事代表写真

塩尻カンバセーション! シオジリングに向けての対話の場。

木曜日記6/20

2013/6/22by kyosuke
記事代表写真

松居友さんに聞くミンダナオのこと。コーディネイトは梅木さん。料理は、ミコちゃん、なぎささん、りょうちゃん、こんまめちゃんら。

次のページ »

記事のカテゴリー

2013年10月27日、三田の家はクローズします。これまで本当にお世話になりました。
クロージング関連の最新情報はクロージング企画特設サイト(Facebook)をご覧ください。