三田の家24時間! アングラ三田の家(オルタナティブ社会学会)

2013/9/16by okahara
記事代表写真

10月11日、12日、13日、前夜祭も含めて、四日間にわたる、三田の家ラストフェスティバル。三田キャンパス上の日本社会学会大会を尻目に、驚天動地の何でもあり学会です。ナイトセッションのパーティはプロのフードとドリンク、Rainbow Burritos、Cafe Lavanderia、気流舎より。土日は、朝10時から夜10時までのフル営業。予定では9団体、30名近くの報告者を迎えます。かつてない規模で行われる三田の家イベント。参加費は基本的には無料、正規に雇用されている方々、自営の方々のみ、いただく予定(フード、ドリンクは通常の価格設定とは異なります)。
オルタナティブな社会を求めて、若き血を燃やし、丘の上より三田の家!
imgp3760.JPG 11日
Kick off Party 
フード: Rainbow Burritos
ドリンク: CAFÉ★LAVANDERÍA
コーナー/シーシャ部(Daizo Riotbeerほか)

クロストーク《人が集うこと、インフォショップの可能性》
MC:川邉雄(RLL)・二木信(音楽ライター)・後藤吉彦(専修大学)
出演:成田圭祐(IRA)、山下陽光(「途中でやめる」)、上田憲太郎(気流舎)、原田淳子(路地と人)、CAFÉ★LAVANDERÍA、模索舎、岡原正幸(三田の家)


12日
くにたち0円の会 presents 《0円ショップ》
くにたち0円の会(星野めぐみ、鶴見済、ほか)
《パフォーマティブ社会学》「生の技法」
岡原正幸、teamOka
《映像とフィールドワーク》
「ロウソなるものの社会空間誌」(上映)
岩館豊(NPOサーヴェイ、一橋大学)
《セックスにまつわるお仕事からのオノマトペ》(パフォーマンスとお話)カウパー団
Vaccurs(バッカーズ)《電撃障害者商品企画会議》
《水商売ワーカーがみた「性」と「恋愛」》
三橋順子(明治大学)「女装系スナックの恋愛と性の構造的特質」
中田梓音(総合研究大学院大学文化科学研究科)「スナックママの恋愛リスクマネジメント」
松田さおり(宇都宮共和大学) 「銀座ホステスたちの『シスターフッド』」
鹿野由行(大阪大学大学院)「出会い系テクノロジーがゲイコミュニティに与えた影響」
川畑智子(北海道大学)「恋愛の商品化と性の自己管理-ホステスワークを振り返る」
《アブノーマライゼーション(障害と性風俗)》
山本翔(はんどめいど倶楽部 オーナー)
阿闍世(特定非営利活動法人ノアール 理事)
熊篠慶彦(特定非営利活動法人ノアール 理事長)
☆先着20名様にテンガエッグ1個プレゼント
☆Ustreamによるライブ中継をします
http://www.ustream.tv/channel/nponoir

《三田キャンパスより三田の家》行進パフォーマンス、NORA BRIGADE、革命のためのダンスワークショップ
「かりん燈―万人の所得保障を目指す介助者の会」活動紹介など
クロストーク《「だめ連」 再考/採光/再興》
MC後藤、川邉
出演:神長恒一・ペペ長谷川、ほか
13日
《anything goes》 アドホック企画、当日持ち込み企画あり
《ビジュアルな方法、パフォーマティブな方法》
後藤ゼミ(日本大学)と岡原ゼミ、共同企画
《君はあまちゃん? なんてったってアイドルって何?》
塚田修一(東京都市大学)「女性アイドル“ファン”の歴史社会学」
星野貴彦(プレジデント社)「『アイドルビジネス』の現在」
斎藤誠子(慶應義塾大学大学院)「女性アイドルの女性ファン」
《エッチなお姉さんのリレーションシップ》(全米セックスワーカー会議報告、社会的資源としてのセックスワーカーの価値)水嶋かおりん
《三田の家葬送〜自律的空間の技法》
井本由紀(慶應義塾大学)・堀口左知子(テンプル大学)、岡原正幸ほか三田の家マスター、スタッフ
 および
Sayonara Party

ムーリン(スロバキア)を招いてメディアアートの夕べ

2013/2/11by okahara
記事代表写真

■日 時:2月15日(金)午後7時〜午後9時。
■会 場:三田の家 (TEL: 03-6809-2422)
(〒108-0014港区芝5-23-2、JR田町駅3分)

■ミハエル・ムーリン(1963年スロバキア生まれ)
 ブラティスラバ在住。バンスカ・ピストリッツァ美術大学デジタル・メディア学部長。旧共産主義体制時代の80年代初めからパフォーマンス・サウンド・コンセプチュアルアート等の様々な実験芸術に関わる。
 今回はEU-Japan Festの招きで、アシスタント2名と共に日本アート視察に来る。ニパフに3回出演。今回のトークでは、中欧最小国であったスロバキアの恐るべきメディア・アートの実践報告等をビデオ上映を交えて行なう。
■カンパ: 簡単な懇親会500円込み 1,000円(学生800円)
■問合せ・予約: nipaf@avis.ne.jp TEL:090-1652-9127

teamOka 企画 小山企画、高橋企画 御礼 7日は大屋企画

2012/11/26by okahara
記事代表写真

11月9日、23日は小山企画と高橋企画がそれぞれ終了しました。小山は映像と音楽のフュージョン、高橋は、感情表現のワークショップを実施しました。次回は、12月7日大屋による三田の家企画が予定されてまいます。大屋は韓国で、自分の髪(かつら)で書道をしたり、路上でシャンプーしたり、この前のヒヨシエイジでは、参加者の持つレシートを体中に張ってもらう、レシートドレスを作成した強者、乞うご期待

秋の夜の静かな夜に teamOka11プロデュースシリーズ③

2012/10/22by okahara
記事代表写真

11熊沢企画
企画名「秋の夜の静かな夜に」
場所:三田の家
時間:16時30分頃開始予定 終了は場がシケてきたらで。長くても3時間でしょうか。
会費:ごめんなさい、500円くらい頂いてもいいですか…?
内容:
会話禁止の飲み会をしてみましょう。ってのが趣旨です。
コミュニケーションには二つの種類があります。一つはバーバルコミュニケーションと言って、通常のコミュニケーションのことです。主に会話ですね。もう一つがノンバーバルコミュニケーション、言葉以外でのコミュニケーションがあります。
ノンバーバルコミュニケーションを語る上で避けては通れないお話として、マレービアンの実験があります。アメリカの心理学者、アルバート・マレービアン博士による、人が他人から受け取る情報(感情や態度など)の割合についての実験結果です。
この実験によると、話す言葉の内容は7%に過ぎず、残りの93%は顔の表情や声の質によって他人を判断しているというのです。実際には身だしなみ、そしてしぐさも影響するのでしょう。

ブラインドサッカーワークショップ teamOka11 プロデュースシリーズ②

2012/10/15by okahara
記事代表写真

19日金曜日、4時限より、南校舎463を会場にして、ブラインドサッカーを土台にしてワークショップ形式の講演会を行います。18時以降は、三田の家で懇親会を行います。岡原ゼミ四年生山口の卒業企画です。

「潮の穴」 teamOka 11プロデュースシリーズ①

2012/10/1by okahara
記事代表写真

岡原ゼミの四年生による三田の家企画が、この秋、始まります。最初は、ご存知プロレス三富のプロデュースです。

『潮の穴』
潮吹豪プロデュースのお笑いイベント

10月5日(金)
16時頃〜田町にあります「三田の家」にて
(三田の家HP→http://mita.inter-c.org/

出演…ばってん多摩川、よしえつねお(西口エンタテイメント)、Dr.精子、潮吹豪and more…

入場、観覧無料ですので是非ともお願い致します。

以下、現段階での予定
10月
5日 三富
12日 休み
19日 山口
26日 熊沢
11月
2日 小山
9日 高橋愛
16日 ヒヨシエイジ11企画のための準備日
23日 高橋美沙
30日 オープンゼミ一回目(二回目は翌週の火曜日)、卒論中間発表(対象者は、西
方、大谷、丸山) 企画不可
12月
7日 大屋
14日 霜田さんワークショップ(13希望者も参加)
21日 13選抜作品発表(今年は映像あるいはパフォーマンス)
28日 朴

1月
11日 卒論提出
18日 総打ち上げ、歓迎会

三田秘宝館

2012/2/8by okahara
記事代表写真

三田にあの秘宝館! 18日土曜日、13時から21時。
14時から15時半は、男子禁制のガールズオンリー、女性用アダルトグッズ専門店「ラブリーポップ」店長によるトーク、17時から18時は漫画家ドルショック竹下さんによるトーク。18時以降は精のつく食事会を企画します。

二人展「ぐるり」

2012/2/2by okahara
記事代表写真

明日から三日間、3、4、5日 岡原ゼミ卒業生の若菜と仏文4年生の永松による展覧会を行います。

■企画名:「ぐるり」(イラスト展)
■出展者:若菜真穂、永松沙理(文学部仏文学4年)
■開場時間:11:00~19:00(3日のみ14:00~19:00)
■その他:4日17:00~19:00で、完全アコースティックライブを予定
※ライブについて

さなぎ会忘年会

2011/11/23by okahara
記事代表写真

12月9日は、劇団dogadoga+と一緒に、さなぎ会による忘年会です。17時半位から開始の予定です。

三田の家VIP(ヴィデオインスタレーション、パフォーマンスアート)

記事代表写真

25日、三田の家は終日アート三昧。13時半から、霜田誠二さんとインドネシア、マレーシアから来日中のパフォーマンスアーティストをお二人招いてのトーク&パフォーム、15時からは、ビデオアーティストの小泉明朗さんを招いて、何でもあり、ゼミ生のパフォーマンスアートやビデオ作品の上演など。その後、懇親会となります。また当日は来年度岡原研究会参加希望の人へのオープンゼミともなっています。

映像社会学の可能性

2011/6/5by okahara
記事代表写真

10日金曜日 13時45分より、松尾浩一郎さんをお招きして、映像と社会学の関わり、調査と映像の関連などをお話しいただきます。

次のページ »

記事のカテゴリー

2013年10月27日、三田の家はクローズします。これまで本当にお世話になりました。
クロージング関連の最新情報はクロージング企画特設サイト(Facebook)をご覧ください。