7月9日(火)三田の家の可能性

2013/6/26by shiobara
記事代表写真

ゼミがはじまって、3ヶ月。
三田の家ってどんなとこなんだろう・・・
3年生のわたしたちってまだまだ知らないことばかりだよね。

ということで、

三田の家でできるすべてのことにとにかく挑戦することにしました。

おもいっきり絵を描いたり、
縁側でのんびりおしゃべりしたり、
しゃぼん玉したり、絵本つくってみたり・・・

忙しない毎日に疲れた方、三田の家にぜひ立ち寄ってみてください♪

日時:7月9日(火)18時30分頃開始
場所:三田の家
http://mita.inter-c.org/?page_id=3

食費 300~500円ほど、どなたでも参加できます!
※ガレージでの企画は洋服が汚れることが予想されます!

7月2日(火)三田の家・隠れ納涼祭

2013/6/19by shiobara
記事代表写真

「目的がない」三田の家に一年間取り組んだ塩原ゼミの4年生。
一年間で悩みぬいた、やりたいこと、やるべきこと、あきらめかけてたこと。
いろんな思いをごちゃ混ぜにして、一つのイベントにしてみました。

縁日があるかもしれないし、本気で料理に取り組むかもしれない。懐かしい映像に出会えるかもしれないし、怪談話をするかもしれないし、流しそうめんがあるかもしれない。ないかもしれない。やりたいことをやりたいままに。

でも、お酒を飲んでゆっくりする場所はあります。

みんなの隠れ家・三田の家。
いつもの人も、今まで少し億劫だった人も、ちょっと立ち寄ってみませんか?

ーーーーーーーーー

日時;7月2日(火)18時30分頃開始

場所:三田の家

http://mita.inter-c.org/?page_id=3

食費300~500円ほど、どなたでも参加できます!

「甘え」の構造(夜の読書会6/25)

2013/6/12by shiobara
記事代表写真

慶應義塾大学法学部塩原ゼミで学ぶ大学生が、三田の家で読書会を開きます。

自分たちの興味のある本を選び、それを題材に自由にディスカッションします。興味のある方は、三田の家に来て参加してみませんか。
事前に本を読むヒマがなくてもOK。
どなたでも参加自由です。

以下、学生からの予告です。僕も学生の頃に読みましたが、いまどきの学生による現代的解釈に期待しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

文献:土居健郎『「甘え」の構造』(増補普及版)弘文堂、2007
空気を読まない人は叩かれる、本音を言えない家族、見て見ぬふり……そんな「なんとなくやりづらい」空気で溢れる現代。そうした問題を、「甘え」という日本人特有の心理から見つめ直す!
甘えとは何か?甘ったれや甘やかしとの違いとは?みんなで一緒に考えてみませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時:6月25日(火)18時30分~20時30分
場所:三田の家
http://mita.inter-c.org/?page_id=3
大学生が簡単なお食事をつくっておもてなしします。
※300円~500円くらいの食費をいただきます。

多文化共生再考 一人歩きする『グローバル○○』(夜の読書会6/18)

記事代表写真

慶應義塾大学法学部塩原ゼミで学ぶ大学生が、三田の家で読書会を開きます。

自分たちの興味のある本を選び、それを題材に自由にディスカッションします。興味のある方は、三田の家に来て参加してみませんか。
事前に本を読むヒマがなくてもOK。
どなたでも参加自由です。

以下、学生からの予告です。大学教員としては、ドキっとさせられるテーマです。

———————————————————————————

多文化共生再考 一人歩きする『グローバル○○』
〜慶應義塾大学に問う、グローバル大学とは?〜

グローバリゼーションと聞いて「おお、外国ね」と単純に思う人は多いはず。でもその本質や問題点などについて時間をかけて考えたことはありますか?社会でこれだけグローバルと叫ばれていて、今更周りの人に聞けないそこのあなた!私たちと身近な例から本質まで、じっくり語り合いましょう。

文献:テッサ・モーリス‐スズキ著『批判的想像力のために: グローバル化時代の日本』

———————————————————————————

日時:6月18日(火)18時30分~20時30分
場所:三田の家
http://mita.inter-c.org/?page_id=3
大学生が簡単なお食事をつくっておもてなしします。
※300円~500円くらいの食費をいただきます。

『女ぎらい - ニッポンのミソジニ-』(夜の読書会6/11)

2013/5/28by shiobara
記事代表写真

慶應義塾大学法学部塩原ゼミで学ぶ大学生が、三田の家で読書会を開きます。

自分たちの興味のある本を選び、それを題材に自由にディスカッションします。興味のある方は、三田の家に来て参加してみませんか。
事前に本を読むヒマがなくてもOK。
どなたでも参加自由です。

以下、学生からの予告です。

———————————————————————————
課題文献:『女ぎらい - ニッポンのミソジニ-』、上野千鶴子著、紀伊國屋書店、2010年。

誰もが持つ性別。
あたりまえすぎて、普段気にかけることが少ないこの「性別」について、少し刺激的(?)な本を手がかりに、みんなで語り合ってみませんか?
あたりまえを問い直す、社会学のエッセンスをみんなで体験しましょう!
———————————————————————————

日時:6月11日(火)18時30分~20時30分
場所:三田の家
http://mita.inter-c.org/?page_id=3
大学生が簡単なお食事をつくっておもてなしします。
※300円~500円くらいの食費をいただきます。

課題図書変更(夜の読書会)

2013/5/24by shiobara
記事代表写真

慶應義塾大学法学部塩原ゼミで学ぶ大学生が、三田の家で読書会を開きます。

自分たちの興味のある本を選び、それを題材に自由にディスカッションします。興味のある方は、三田の家に来て参加してみませんか。
事前に本を読むヒマがなくてもOK。
どなたでも参加自由です。

5/28の課題図書が変更になりましたので、お知らせします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
直前になって大変申し訳ありませんが、本を変更させて下さい。
変更のお知らせがギリギリになってしまったので、本は読まずに参加で構いません。

課題図書:『わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何か』平田オリザ著
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時:5月28日(火)18時30分~20時30分
場所:三田の家
http://mita.inter-c.org/?page_id=3
大学生が簡単なお食事をつくっておもてなしします。
※300円~500円くらいの食費をいただきます。

日本社会のマイノリティに対する想像力の欠如-黒髪黒目だけが日本人か?(6/4夜の読書会)

2013/5/22by shiobara
記事代表写真

慶應義塾大学法学部塩原ゼミで学ぶ大学生が、三田の家で読書会を開きます。

自分たちの興味のある本を選び、それを題材に自由にディスカッションします。興味のある方は、三田の家に来て参加してみませんか。
事前に本を読むヒマがなくてもOK。
どなたでも参加自由です。

以下、学生からの予告です。

———————————————————————————-
課題図書:「ハーフが美人なんて妄想ですから! ! - 困った「純ジャパ」との闘いの日々」 サンドラ・ヘフェリン著
※「文化の対話力 - ソフト・パワーとブランド・ナショナリズムを越えて」岩渕 功一著より一部抜粋予定
「染めない限り茶髪はあり得ない」「日本人なら国籍は一つだけ」、「当然」とみなされやすいこれらの思い込みに対して、
鋭くかつ面白おかしくメスを入れた一冊です。
———————————————————————————-
日時:6月4日(火)18時30分~20時30分
場所:三田の家
http://mita.inter-c.org/?page_id=3
大学生が簡単なお食事をつくっておもてなしします。
※300円~500円くらいの食費をいただきます。

メディア×社会(夜の読書会)

2013/5/8by shiobara
記事代表写真

慶應義塾大学法学部塩原ゼミで学ぶ大学生が、三田の家で読書会を開きます。

自分たちの興味のある本を選び、それを題材に自由にディスカッションします。興味のある方は、三田の家に来て参加してみませんか。

事前に本を読むヒマがなくてもOK。
どなたでも参加自由です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5月21日のテーマ:メディア×社会

課題図書:街場のメディア論 (光文社新書)  内田 樹 (著)

新聞・テレビを含む既存メディアの崩壊の危機に迫る、神戸女学院大学の人気講義を書籍化した本。メディアの社会的存在意義を探ります。当日、ワークショップがあるかも!?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時:5月21日(火)18時30分~20時30分
場所:三田の家
大学生が簡単なお食事をつくっておもてなしします。
※300円~500円くらいの食費をいただきます。

12月4日は「Something New」の日

2012/11/25by shiobara
記事代表写真

慶應義塾大学法学部政治学科塩原良和研究会の有志が、「Something New」をテーマに三田の家で何かをします。

いや、むしろ何も起きないかもしれないのですが。

とりあえず、三田の家に来れば、大学生が何人か「Something New」なことをしているはずです。

いっしょに「Something New」を楽しんでみませんか?

日時:12月4日(火)18時30分~20時30分頃終了予定

場所:三田の家

軽食がでます(実費+若干のカンパをあわせて数百円)

どなたでもお気軽にお越しください。

11月6日は「協働」の日

2012/10/31by shiobara
記事代表写真

慶應義塾大学法学部政治学科塩原良和研究会の有志が、「協働」をテーマに三田の家で何かをします。

いや、むしろ何も起きないかもしれないのですが。

とりあえず、三田の家に来れば、大学生が何人か「協働」を楽しんでいます。

いっしょに「協働」を楽しんでみませんか?

日時:11月6日(火)18時30分~20時頃終了予定

場所:三田の家

軽食がでます(実費+若干のカンパをあわせて数百円)

どなたでもお気軽にお越しください。

10月30日は「ひととき」の日

2012/10/17by shiobara
記事代表写真

慶應義塾大学法学部政治学科塩原良和研究会の有志が、「ひととき」をテーマに三田の家で何かをします。

いや、むしろ何も起きないかもしれないのですが。

とりあえず、三田の家に来れば、大学生が何人か「ひととき」を楽しんでいます。

いっしょに「ひととき」を楽しんでみませんか?

日時:10月30日(火)18時30分~20時頃終了予定

場所:三田の家

軽食がでます(実費+若干のカンパをあわせて数百円)

どなたでもお気軽にお越しください。

次のページ »

記事のカテゴリー

2013年10月27日、三田の家はクローズします。これまで本当にお世話になりました。
クロージング関連の最新情報はクロージング企画特設サイト(Facebook)をご覧ください。